顔にも足にも使える!いぼ薬おすすめランキング

いつの間に出来ているいぼは気になるものですね。特に体の目立つ場所ならなおさらです。

病院で多くのいぼ除去は痛みがあるものが多いようです。
そこで、痛みがなくこっそりといぼを取りたいと考えますよね。

それでは、自分で出来るいぼの市販薬といったものはどういったものがあるのでしょうか。

顔や足も大丈夫ないぼの薬とは?

首や顔に使用しても大丈夫ないぼの薬とはどんなものでしょうか。
皮膚の敏感な部分ですので、刺激の少ない薬となるので、「紫雲膏」がおススメです。

首や顔に安心な理由

・自然由来成分で安心
・昔から使用されている薬で信頼性が高い
・肌を潤う成分も入っている為

漢方薬という事で副作用などの心配が少なく、肌につけても安心感がある為です。

紫雲膏の成分について

昔から特にやけどなどに多く利用されている漢方の塗り薬です。
・ゴマ油
・蜜ろう
・豚脂(ラード)
・当帰
・紫根

当帰(とうき)の成分が肌の回復などを促進させる効果が期待されます。
内服薬としても利用されることが多く、血行促進、婦人病などに内服薬としても多く利用されています。

紫根(しこん)は、炎症を抑える作用と抗菌作用が特徴です。
この炎症を作用と抗菌作用がウイルス性イボの治療に良いようです。

また紫色の為、染料としても使用されることがあります。

ゴマ油、蜜ろう、豚脂(ラード)の油脂分は肌を潤う作用です。

使用時の注意点

ゴマ油やラードなどの独特な匂いがあるので、朝に使用して外出する時には注意が必要です。
名前の由来通りの紫色の軟膏なので衣類に付かないように気を付けて下さい。
一般的ないぼの薬と比較すると効果の緩やかだそうです。
 
おススメ使用法としては、紫雲膏を肌につけてその上をバンドエードするといいそうです。理想的は1日2回行うと効果的だそうです。イボの治療の目安日数は2週間くらいとされています。

首や顔に使用できる服薬のいぼの薬とは

いぼの薬いえば、思いものが塗けではありません。飲んでいぼを治す薬のあるのです。

・イボコロリ内服錠(第3種医薬品)
・コイクシン(第2種医薬品)
・ビタトレールヨクイニン錠(第3種医薬品)
肌のトラブル(じんましん、湿疹、ニキビ、アトピー、水虫など)
・十味敗毒湯(第2種医薬品)

などが内服薬としてあります。

飲んでイボ治す薬は顔の足にも効果あり!

服薬の薬ですので、手や足以外の顔などの敏感な部分についても大丈夫です。

ハト麦に含まれるヨクイニンには、昔からイボにいいとされています。
ヨクイニンは利尿作用があり、体の中の循環よくすることで、肌の新陳代謝を高めます。
肌荒れ改善などにも良く、ウイルス性のイボに対しても、ウイルスを余分な水分と一緒に外に出す効果で改善されると考えられています。

イボコロリ内服錠はヨクイニン配合の薬です。
コイクシンについてもヨクイニンが配合されていますが、他にヤクシャといった成分が利尿作用に効果的とされています。

十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)は10種類の生薬成分から漢方薬です。
血行を促進させる生薬と炎症を抑える生薬が配合されています。
特に肌のトラブル、ニキビや発疹、湿疹、アトピーなど可能性皮膚疾患の治療に使用されます。

ウイルス性のいぼ、それ以外のいぼについても効果的な服薬と言えるでしょう。

よく使われるいぼの薬とは

一般の薬局で販売されているいぼの薬の多くは主な内容がサルチル酸の薬です。
ではサルチル酸とはどういったものでしょうか。

サルチル酸の効果とは

皮膚を柔らかくして、細菌(水虫菌など)を抑える作用があります。
水虫、ニキビ、イボ、タはコ、魚の目の治療に使用されます。

美容整形などのケミカルピーリングなどにも使用されることがあります。

サルチル酸を塗ることで皮膚が白く柔らかくなっていぼを取る為に使用します。
肌に対して刺激や負担がある為、敏感な部分については使用注意があり、顔や首の使用は禁止されている場合が多いでしょう。

抗菌作用の為ウイルス性のいぼの治療には最適とされています。ただし、水いぼや老人性のいぼについては不向きとされています。

サルチル酸の効果とは

皮膚を柔らかくして、細菌(水虫菌など)を抑える作用があります。
水虫、ニキビ、イボ、タはコ、魚の目の治療に使用されます。

美容整形などのケミカルピーリングなどにも使用されることがあります。

サルチル酸を塗ることで皮膚が白く柔らかくなっていぼを取る為に使用します。
肌に対して刺激や負担がある為、敏感な部分については使用注意があり、顔や首の使用は禁止されている場合が多いでしょう。

抗菌作用の為ウイルス性のいぼの治療には最適とされています。ただし、水いぼや老人性のいぼについては不向きとされています。

イボ治療薬の売れ筋はスピール膏

いぼの薬の人気の薬についえは、直接いぼに塗るタイプと貼るタイプになります。は
特に人気はバンドエードタイプのスピール膏です。

直接貼るだけで手軽といったことがあります。
貼るタイプはそのままバンドエードと同じような感覚で薬が直接洋服につきにくいことがあります。そして、貼ってしばらくの間そのままで様子を見るだけで手間がかからない便利さがあります。

足などあまり目立たない場所は貼るタイプが便利です。

塗るタイプのものは場所によっては薬が他の所につくことがあるので注意が必要です。

いぼの種類と薬の関係性について

いぼの種類にもいくつかあり、薬についてもいぼの種類によっては合わないものがあります。

・ウイルス性のイボ(人乳頭腫ウイルス、ヒトパピロマウイルスによるもの)
・非ウイルス性いぼ(老人性いぼ)

2つに大きく分けることができます。
ウイルス性いぼについては、サルチル酸の塗り薬でいぼを取ることが多いでしょう。
また、ヨクイニンなどの服薬でも可能です。

非ウイルス性のいぼについては、サルチル酸の薬は適さないとされています。
ですから、内服薬などで体の中の循環を高めるものが良いとされます。
また、日焼けなどにより影響もあります。
日焼けなど影響で崩れてしまったターンオーバーをと戻すことも大切となります。

こういった紫外線の肌のダメージの回復といぼ治療といったものを兼ねてヨクイニンが効果的です。

まとめ

顔や足に使用できるいぼの薬については、刺激の少ない薬であれば大丈夫です。

顔や首の皮膚の敏感な部分にはスピール膏といったものは不向きです。

手や足などで個数がすくない場合は貼るタイプのスピール膏が便利。
また、ある程度個数があるいぼで手足の場合についてはイボコロリなどのサルチル酸の薬を利用することが手軽でしょう。

老人性の非ウイルス性のイボはイボコロリなどのサルチル酸の薬は不向なので、ヨクイニンなど配合の服薬で体質改善することでいぼを取ることになります。

いぼを取る市販薬としては人気のものは
・ニチバンのスピール軟膏
・イボコロリ

といったサルチル酸配合薬になっていました。どこでも手軽に購入できるところ
と価格的なところが人気のようです。

自分のいぼのタイプを知ることで、直接貼ったり、塗ったりできるものか、効果があるかないかが判断して、自分にあった市販薬を選んでいぼを自分でケアすることがでるでしょう。